ビル管理・ビルメンまとめ

未経験者向けの転職情報から現在ビルメンとして働き始めたばかりの方向けの情報まで幅広くまとめています。

タグ:電気

ビルメンが仕事で良く使う単位についてまとめました。
単位自体は知っていても、その大きさがピンと来ない方は多いと思います。
細かい定義より、各単位の感覚を掴む為の単位のまとめです。

立方(りゅうべい) 【㎥】
縦1m、横1m、高さ1mの立方体の体積を意味します。
水道メーターやガスメーターでよく使用される単位です。
1㎥の水は1トンの重さに相当し、1000リットルの水量になります。
トイレの大便器で流す水量が一回あたり5リットル~10リットル、つまり約5kg~10kgの重さなので、水道メーターで計測してる値はかなり大きな値なんです。

メガパスカル【MPa】
ポンプ等の圧力計でよく使われている単位です。
単位面積に対して垂直に働く力を意味します。
水の重さを面積で割ったものがメガパスカルになります。
これは逆に言うと、水を上に押し上げる力として表現する事もできます。
0.1MPaで水を約10メートル上げる(揚程)事ができます。
圧力計の表示が1MPaの場合、そのポンプは水を100メートル上まで揚程している事が分かります。

電流(アンペア)【A】
電流の単位です。
1Aという最小単位が非常に危険な数字の為、少数点やmA(ミリアンペア)の単位が使われる事が多いです。
0.01Aでも人は強い電気ショックを感じ取ります。
0.1Aで感電死の恐れが非常に高くなり、0.3Aが人が耐えられる限界と言われています。
漏電ブレーカーは0.15A~0.3Aで作動します。

電圧(ボルト)【V】
電圧の単位です。
42Vが人間が死にうる境界と言われています。
一般のコンセント用回路で使われているのは100Vで、動力用では200Vが使用されます。
100Vで感電した場合は電気ショックのみで助かる場合が多いですが、その分油断するために死亡者が多いです。
200Vは死の危険が非常に高いため、死亡者数が100Vより低いという統計結果になっています。
通常、ビルは6600Vの高圧で受電しています。これは触らなくても近くに立つだけで即死する危険な領域なので、必ず現場の指示に従って行動しましょう。

抵抗(ていこう)【Ω】
電気の通りづらさを示す単位です。
人間の皮膚表面の抵抗値は約2500Ωと言われています。
しかし、皮膚の内部は水分が多いため1000Ωまで低下します。
全身が汗などで濡れた場合、数百Ωまで一気に抵抗値が下がります。
夏場に汗をかきながら半袖で作業をした場合、体の抵抗値が非常に下がっているため感電死の危険性が急速に増加します。

制御器具番号とは
受変電設備の単線結線図やシーケンス図で用いられる器具の識別番号の事です。
日本電機工業会では1~99の番号に割り振って定義しています。
これらの器具番号は停電試験の打ち合わせ等でよく使われる為、全く知らないと話が理解できません。
とはいえ99個の番号を全て暗記するのは無駄なので、ビル管理で使う記号だけ並べ、更に頻出する番号には色をつけてみました。
必要な部分だけ暗記しておきましょう。

代表的な制御器具番号一覧

01 主幹制御器・スイッチ
27 交流不足電圧継電器
37 不足電流継電器
43 制御回路切り替えスイッチ・接触器、または継電器
52 交流遮断器、または接触器
59 交流過電圧継電器
64 地絡過電圧継電器
67 交流電力方向継電器、または地絡方向継電器
89 断路器、または負荷開閉器

補助記号
更に補助記号を加えることで、より詳しい表示が可能になります。
ビル管理で用いる主な補助記号は以下の通りです。

A・・・交流、自動、空気、陽極、アクチエータ、増幅、電機
D・・・直流、放出、ダイヤル、差動、調定率、劣化、デフレクタ、吸出管
F・・・フィーダ、フロート、火災、故障、ヒューズ、周波数、ファン、フリッカ、故障点標点器
G・・・地絡発電機、グリース、重力、案内羽根、格子、ガス
H・・・、所内、保持、電熱、周波数
L・・・、ランプ、漏れ、下げ、鎖錠、線路、負荷
R・・・受電
T・・・変圧器

こうした読み方は一般の業務ではあまり使わないかもしれませんが、停電作業中に業者などはよく使うので、暗記はしなくても何となく意味が分かるくらいの前提知識として持っていると便利だと思います。

直流
決まった一方向へ流れる電流の事。
例として電池が挙げられる。

交流
電気が一定の周期で向きを変える電流。
エネルギー損失が少ないため、送電は一般的に交流で行われる。

電圧
電気にかかる圧力。単位は[V]
42V以上で感電した場合、死亡の可能性がある。
一般的なコンセント回路は約100V。
ビルの受電は6600Vで行われる事が多い。

弱電
感電の危険性が低い電圧帯の事。主に通信機器で用いられる。
明確な定義は存在しないが、50Vないし60Vあたりを基準に呼ぶ事が多い。

低圧
直流で750V以下。交流では600V以下の事。
一般的に第二種電気工事士が関わる範囲となる。

高圧
直流では750Vを超え、交流では600Vを超える電圧であり
なおかつ7000V以下の電圧を指す。
一般的に第一種電気工事士が関わる範囲となる。

短絡(たんらく)
電気回路において、2点の電線が抵抗を持たずに繋がる事。
消費する抵抗がないため、強い電流が一瞬で流れ、そのジュール熱によって火花が散る。

地絡(ちらく)
電線の絶縁不良により電気回路と地面が接続されてしまうこと。

変圧器
電圧を変える設備の事。トランスとも呼ぶ

↑このページのトップヘ